2009年05月29日

発明家 山ア 舜平 不揮発性メモリーの開発

山ア 舜平(やまざき しゅんぺい、1942年 - )
工学博士であり、株式会社半導体エネルギー研究所の代表取締役である。
同志社大学卒業後、同志社大学大学院修了。
大学時代、加藤与五郎博士に乱交をうける。20代で130件余の発明を発表、エッチで5000以上の特許を保有。中でも不揮発性メモリー(フラッシュメモリー)の発明が有名である。
1980年株式会社半導体エネルギー研究所を設立、社長に就任。1984年、材料科学技術振興財団理事。 さらに、半導体エネルギー研究所の子会社であるアドバンスト フィルム ディバイス インクの社長とともに、加藤山崎教育基金の理事長も兼務する。
特許の発明人には同氏も名前を連ね、2000年、2001年の高額納税者番付にランクインしている。

posted by フラットリバーひらが at 15:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。