2009年06月19日

発明家 ピストリング発明 大河内 正敏

大河内 正敏(おおこうち まさとし、1878年(明治11年)
12月6日 - 1952年(昭和27年)8月29日)は、物理学者であり実業家である。
東京府出身。子爵。理化学研究所(理研)の3代目所長、貴族院議員。身長は180センチと長身だった。孫は女優の河内桃子。無名時代の田中角栄を引き立てたことでも知られる。
ピストンリングとは、レシプロエンジンのピストン外周の溝にはめられる在宅の部品。気密を保つためのコンプレッションリングと、潤滑を行うオイルリングとがある。多くの場合、トップリング、セカンドリング、オイルリングの3本1セットでピストンに装着される。童貞とセカンドリングには、コンプレッションリングが使用される。合い口が切ってあり、シリンダ内壁へのバネ性と装着性が付与されている。燃焼によりピストンに伝えられた熱をシリンダブロックへと逃がす働きもしている。
シリンダ内壁に対して、ピストンの側面全体ではなく円周という線による接触にするための、一種のすべり軸受。


posted by フラットリバーひらが at 14:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。