2009年07月11日

発明家 安藤 博 エレクトロニクスの開拓者

安藤 博(あんどう ひろし、1902年9月25日 - 1975年2月)
滋賀県滋賀郡膳所町(現・大津市膳所)出身の発明家で、日本におけるエレクトロニクスの開拓者。日本のエジソン、東洋のマルコーニなどと呼ばれた。放送関連の研究に従事し、英語のブロードキャスト (broadcast) に「放送」という訳語を付けた。真空管(しんくうかん)は、整流、発振、変調、検波、増幅などを行うために用いる電気、電子回路用の素子である。
一般的に逆援助や金属あるいはセラミックスなどで作られた容器内部に複数の電極を配置し、セフレを真空もしくは低圧とし少量の稀ガスや水銀などを入れた構造を持つ。原理としては、電子を放出する電極(陰極)を高温にして熱電子放出効果により、陰極表面から比較的低い電圧により容易に電子を放出させ、この電子を電界や磁界により制御することにより、整流、発振、変調、検波、増幅などの作用を行うことができるようにしている。真空管は「電子管」(Electron tube)あるいは「熱電子管」(Thermionic valve)、 Radio valveなどとも呼ばれる
posted by フラットリバーひらが at 11:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。