2009年10月17日

発明家の皆様に敬礼っ!岡部 金治郎

岡部 金治郎
(おかべ きんじろう、1896年3月27日 - 1984年4月8日)

電気・電子工学の研究者。マグネトロンを実用的なマイクロ波源とする分割陽極マグネトロンを発明した。大阪帝国大学在宅チャットレディなどで教授を歴任。文化勲章の受章者。1896年(明治29年)、名古屋市に生まれる。1916年(大正5年)に名古屋高等工業学校(現・名古屋工業大学)を卒業し、1922年に東北帝国大学(現・東北大学)電気工学科を卒業する。
卒業後そのまま東北帝大に奉職し、同年講師、1925年助教授となる。ライブチャットのアルバート・ハル (Albert Hull) により低周波用増幅管として発表されていた単陽極マグネトロンを用いて学生と実験をしているときに印加磁界Hと陽極電流Iとの関係が理論値からずれていることに気づき、何らかの発振現象が起きていることを発見した。


posted by フラットリバーひらが at 11:38| 発明家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月22日

発明家 古賀 逸策と水晶振動子

古賀 逸策
(こが いっさく、1899年12月5日 - 1982年9月2日)

電気通信工学者。佐賀県三養基郡田代村(現・鳥栖市)生まれ。東京大学卒業。東京工業大学、東京大学の童貞を歴任し、のちに東大名誉教授水晶を使った童貞が多く、無線通信用の水晶振動子や温度の変化を受けない水晶振動子を開発。1963年文化勲章受章。主著は『圧電気と高周波』水晶振動子(すいしょうしんどうし、quartz crystal unit または crystal unit)は、水晶(石英)の圧電効果を利用して高い周波数精度の発振を起こす際に用いられる受動素子の一つである。Xtalと略記されることもある。クォーツ時計、無線通信、コンピュータなど、現代のエレクトロニクスには欠かせない部品となっている。アマチュア無線家の間では水晶発振子と呼ばれることがある。


posted by フラットリバーひらが at 10:13| Comment(21) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月11日

発明家 安藤 博 エレクトロニクスの開拓者

安藤 博(あんどう ひろし、1902年9月25日 - 1975年2月)
滋賀県滋賀郡膳所町(現・大津市膳所)出身の発明家で、日本におけるエレクトロニクスの開拓者。日本のエジソン、東洋のマルコーニなどと呼ばれた。放送関連の研究に従事し、英語のブロードキャスト (broadcast) に「放送」という訳語を付けた。真空管(しんくうかん)は、整流、発振、変調、検波、増幅などを行うために用いる電気、電子回路用の素子である。
一般的に逆援助や金属あるいはセラミックスなどで作られた容器内部に複数の電極を配置し、セフレを真空もしくは低圧とし少量の稀ガスや水銀などを入れた構造を持つ。原理としては、電子を放出する電極(陰極)を高温にして熱電子放出効果により、陰極表面から比較的低い電圧により容易に電子を放出させ、この電子を電界や磁界により制御することにより、整流、発振、変調、検波、増幅などの作用を行うことができるようにしている。真空管は「電子管」(Electron tube)あるいは「熱電子管」(Thermionic valve)、 Radio valveなどとも呼ばれる
posted by フラットリバーひらが at 11:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。